TWE

アニメとファッション・ストリートを繋ぐ情報サイト

声優・佐倉綾音が着用するブランド『Maison Margiela(メゾン マルジェラ)』とは

2018/04/25

『Occultic;Nine -オカルティック・ナイン-』の成沢稜歌役などで知られる声優・佐倉綾音が、ファッションブランド「Maison Margiela(メゾン マルジェラ)」のタビシューズを着用していたとして話題となっている。

彼女が着用している「Maison Margiela」は、ファッション好きなら一度は耳にしたことがあるであろう、フランス・パリ発のメゾン。

既成概念を覆す圧倒的な発想力で、多くのファッショニスタを虜にしている本ブランドについて、今回はご紹介していこうと思う。

 

スポンサーリンク

 

 

Maison Margielaとは

出典:VOGUE JAPAN

出典:VOGUE JAPAN

「Maison Margiela」の創始者である、Martin Margiela(マルタン・マルジェラ)は、1957年にベルギーで生まれ、1977年にアントワープ王立芸術学院へ入学。
その後、ジャン=ポール・ゴルチエの下で1987年までアシスタントとして修行を積み、1988年に自身の名を冠した「Martin Margiela(メゾン・マルタン・マルジェラ)」を立ち上げる。

なお、1997年から2003年にかけて「Hermès(エルメス)」のデザイナーも担当している。

1997年に撮影されたのを最後に、なかなかメディアに顔を見せないミステリアスな人物としても知られ、2008年以降は引退状態にあるとのこと。

以降、同ブランドは2013年までデザインチームがクリエイティブを担当。
そして、2014年にJohn Galliano(ジョン・ガリアーノ)がクリエイティブ・ディレクターに就任、2015年にはブランド名を現在の「Maison Margiela」に改名し今に至る。

 

Maison Margielaの特徴

「Maison Margiela」を特徴付けるもに関して多くの意見があると思うが、今回はタグについてご紹介していこうと思う。

上の画像にあるように、同ブランドのタグはカレンダータグと呼ばれ、0〜22までの数字が並んでいる。

アイテムごとに各数字が丸で囲まれているが、これはそのアイテムのラインを表す。(一部例外あり。)

 【各数字の意味】
  0:手仕事により、フォルムをつくり直した女性のための服。
  1:女性のためのコレクションライン(ラベルは無地で白)。
  4:男性のためのワードローブ
  3:フレグランス
  8:アイウェア
10:男性のためのコレクションライン
14:男性のためのワードローブ
11:2005秋冬からのアクセサリーライン
12:ジュエリー 
13:オブジェ、または出版物
22:シューズライン
  6:レディースウェアライン

このような内訳に。

1と10はコレクションラインで、比較的な斬新なアイテムが多いラインナップ。
4と14は、メンズの定番アイテムによって構成されており、過去のリバイバルや定番アイテムが多い。
レディースラインの6は少し特殊で「MM6」としてラインが独立。
タグも他のラインの物とは異なり、現在は、ストリートにインスパイアされたカジュアルなアイテムをリリースしている。

なお、佐倉綾音が着用しているタビシューズは、22番であると予想される。

 

 

Maison Margielaの代表アイテム

ここでは「Maison Margiela」の代表的なアイテムを、3種紹介していく。

エイズTシャツ

HIVウィルスとエイズの撲滅、患者へのサポートのために売上の一部を寄付すことを目的としたシリーズで、1994年のスタート以降、様々なヴァリエーションが存在する定番Tシャツだ。
2010年からは、スタンダートな英語に加え、日本語、韓国語など様々な国の言葉でも制作されている。

なお、記載されているメッセージは"THERE IS MORE ACTION TO BE DONE TO FIGHT AIDS THAN TO WEAR THIS T-SHIRT BUT IT'S A GOOD START"
「エイズと闘うためにすべき活動はもっとあるがこのT-シャツを着ることは良い始まりだ。」という意味。

 

ハの字ライダース

Martin Margielaが設立以降、一度も型を変えることなく発表されてきた定番中の定番。
それが、この5ZIPライダース(通称ハの字ライダー)である。

飽きのこないシンプルなシングルライダースジャケットを印象付ける、ハの字に施された太めのZIPは、一目で同ブランドと認識できるものの決して嫌味にならない傑作。

月並みな言葉ではあるが、デザイナーと職人のこだわりが詰まった、一生もののアイテムだ。

 

ジャーマントレーナーシューズ

ジャーマントレーナーは、1970年代から80年代にかけて西ドイツ軍が訓練用に使用していたスニーカーで、元々はPUMAとadidasが生産していたスニーカーの一種。

シンプルで非常に美しいシルエットのクラシックスニーカーで、ドレスにカジュアルと、あらゆるコーディネートにマッチする幅の広さを持っている。

同ブランドでは、このジャーマントレーナーをベースに、様々なアレンジが加えられたスニーカーを毎シーズンリリース。

ペンキを散らしたものから、素材がメタリックなものまで、是非、お気に入りの一足を探してみてほしい。 

出典:TAU

出典:TAU

また、それぞれのアイテムの元になったモノの年代や用途が記載された「REPLICA」タグの内容に、目を向けてみるのも面白い。

 

佐倉綾音着用のタビシューズ

出典:FFFFOUND!

出典:FFFFOUND!

佐倉綾音着用のタビシューズは、そのなの通り足袋のようにつま先が2つに分かれているのが特徴。
定番としてブーツタイプが挙げられるが、バレエシューズ、スニーカーなど様々なタイプが存在する。

 

なお、タビシューズが初めて世に登場したのは1988年。

シューズの先端に着物の時に着用する足袋の形を取り入れることで、これまでに無かった斬新なデザインのブーツに。
今ではブランドを代表するアイテムの1つとして、多くの人に愛されている。

 

いかがだっただろうか?Maison Margielaの魅力を完全に伝えきることは、限られたスペースと文章ではとても難しい。

同ブランドの魅力は、是非、ご自身で袖を通して実感していただきたい。

 

また、モードブランドを多く着用する声優に花澤香菜が挙げられる。
彼女の服装は佐倉綾音と似通ったチョイスが多いので、モードファションに興味をお持ちの方は是非、彼女たちの洋服にも注目していただきたい。

 

Maison Margielaの最新情報は下記まで
Maison Margiela

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-fashion, Feature
-,

Related Entry