TWE

アニメとファッション・ストリートを繋ぐ情報サイト

【初音ミク】【手塚治虫】のキャラクターが琳派に。歴史を感じるコラボが実現

2016/05/20

ジャパンポップカルチャーの代表とも言えるヴォーカロイド「初音ミク」。
そして、「漫画の神様」と評され今尚クリエイターに影響を与え続けいる「手塚治虫」が産み出したキャラクター達。
それらを、400年以上の歴史ある表現技法である「琳派」の技法で表現したアートが存在するのをご存知だろうか?

初音ミク琳派

アトムに富士図

(c) 手塚プロダクション


これらの作品が展示されるのは5月20日から29日まで東京・恵比寿のAL で開催される
「ぼくらが琳派を継いでいく展『琳派の世界にキャラクターが佇む展覧会』」だ。

同展では「漫画やアニメを琳派的手法で描くとどうなるだろうか?」という趣旨の元、表現されたアニメ、漫画作品が展示される。
2015年に開催された「京都国際マンガミュージアム」内で、琳派400周年×『NEWTYPE』30周年のイベントとして行われた「琳派オマージュ展」にも出品した豊和堂絵師による新作も展示されるとのこと。

琳派オマージュ展の画像はこちら

今回の展示でのラインナップされる予定の漫画・アニメのコラボ作品は
「秋野にパンジャとレオ図」、「アトムに富士図」、「コリラックマと竹林図」、「太陽の牙ダグラム/太陽ノ牙朽果図」、「初音ミクに杜若図屏風」、「柊かがみと紅梅白梅図」、「火の鳥蓬莱山図」、「リラックマと磯馴松図」、「リラックマと軒端の梅図」、「レオとユニコ図」等となっている。

【DATA】
「ぼくらが琳派を継いでいく展『琳派の世界にキャラクターが佇む展覧会』」
会場:Main Space
住所:東京都渋谷区恵比寿南3-7-17 AL 1階
会期:5月20日~29日
時間:12:00~19:00
会期中無休

参照:FASHION HEADLINE


スポンサードリンク



-Art, event, News
-, , , ,

Related Entry